【2/19(土)】第34回労働法講座開催【13時~】

2022/1/11

第34回労働法講座を下記の日程で行います。前回はオンライン(Zoom)のみでしたが、今回は会場(連合会館2階)とZoomの併用で行います。会場参加は100人までとさせていただきます(申込先着順)。是非奮ってご参加ください(2022.1.11更新)

日時:2022年219日(土) 13時~1615

開催方法:1.Zoom 2.会場連合会館2階会議室(※先着100名)

参加費: Zoom・会場参加共に事前払い必須です
①弁護士(登録6年目以上)・社労士等の士業 -1講座あたり3,000円 2講座で5,000円
②その他(労働者、労働組合、上記以外の弁護士) -1講座あたり2,000円 2講座で3,000円

 

【申込方法(下記をご覧ください)】

この講座のテキストとして、近日中に刊行予定の「新・労働相談実践マニュアル」(定価5,500円)を使用します。参加される方には割引価格(4,000円)にて販売いたします。ご参加を予定される方は通常のご購入はされないようお願いします。不要な方は購入されなくても構いません(申込先で要・不要回答をお願いします)。

※なお、この書籍の一般販売については現状未定です。このサイト上でご案内がでるまでお待ちください。

【講座内容】(※どちらか一方のみのお申込も可)

第1講座(13:00~14:30) 解雇・雇止め~最新判例を踏まえて~
労働組合や弁護士が解雇・雇止め事件に取り組む際のポイントや注意点について、最新判例を踏まえながら検討します。

講師:徳住堅治(日本労働弁護団前会長)

 

第2講座(14:45~16:15)  労働条件不利益変更にどう立ち向かうか
コロナ禍で労働条件の不利益変更に関する相談が急増しています。労働者側の立場からどう立ち向かうべきか、ポイントや注意点について検討します。

講師:笠置裕亮(日本労働弁護団常任幹事)  

【参加方法】

①下記バナーの中で参加ご希望の所をクリックいただき、必要事項をご回答ください。両講座とも受講される場合は、必ず【両講座】からお申し込みください。
②お申し込みいただくと参加費の支払い方法についてご案内いたします(クレジットカード決済or銀行振込)。

③参加費の支払いが確認できた方でマニュアルご希望の方には書籍をお送りします。会場参加の方は当日忘れないようにお願いします。
Zoom参加ご希望の方には書籍と当日のZoomのURLをお送りいたします。※

※クレジットカード決済の場合は、2月10日(木)までにお申込みと支払いを済ませてください。クレジットカード決済は、Visa, Mastercard, American Expressのクレジットおよびデビットカードを受け付けています。

※銀行振込の場合は、振込確認のために27日(月)までにお申込とお支払を済ませてください。
※申込をしても参加費の支払方法の案内がない場合は、登録したメールアドレスが誤っている可能性がありますのでご確認ください。

【申込先】※ご希望のバナーをクリックしてください 

Zoom参加ご希望の方    

 

 

会場参加ご希望の方