季刊・労働者の権利

労働問題に関する総合誌

「季刊・労働者の権利」は、労働問題に関する総合誌として、数多くの労働組合・労働者、労働相談・労働行政に携わる実務家の方々や、労働法・労使関係・労働運動の研究者にご購読いただいています。執筆者は、第一線で労働事件、労働相談に携わる労働弁護団員、労働組合の役員の方々のほか、労働問題の研究者の方々です。

  • 重要な労働判例や労働委員会命令の解説
  • 労働条件・労働立法・労働政策に関する資料・統計や解説
  • 労働法・労働立法などに関する論文
  • 労働争議や労働組合運動の紹介及び情報
  • 諸外国の立法や労働運動の紹介

年5回発行(年間購読料 5,000円)

「労働者の権利」は、年4回の通常号のほか、年1回の特集号(各年版「労働者の権利白書」)の年間計5冊を発行しています。「労働者の権利白書」は、過去1年間の労働法、労働者の権利問題の動きを、網羅的にフォローアップするもので、資料としても大いに活用できる内容です。

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年
1997年