予備試験合格者、司法修習生向けに労働事件学習会を行います

2020/1/12

日本労働弁護団本部・青年法律家協会共催

労働者側で労働事件に取り組みたい予備試験合格者・司法修習生向け

「労働事件学習会」のご案内

【予備試験合格者、司法修習生のみなさんへ】
 2019年は、三菱電機過労死事件、ベルコ事件、大阪医科薬科大学事件20条裁判を初めとする労働事件が社会の大きな注目を集めた1年でした。

 私たちは、労働者側で多くの著名な労働事件を担当してきた法律家団体である、日本労働弁護団です。全国の弁護士約1700名が加入しています。今回、労働者側で労働事件に取り組みたい予備試験合格者・司法修習生向けに、労働事件の学習会を企画しました。実際のケースを基に、どのような考えに基づき、どのような取り組みを行うべきかを検討しつつ、労働事件の面白さについて、様々な労働事件を扱ってきた笠置裕亮弁護士(66期)にお話しいただきます。

 労働者側の立場での労働事件に関心のある方であれば、どなたでも大歓迎です!学習会終了後には、懇親会も用意しています予備試験合格者・司法修習生は参加無料!
 労働事件のやりがい、楽しさを知る良い機会ですので、お気軽にご参加ください。但し、資料の準備の関係上、参加ご希望の方はできるだけ事前にお申込下さい。よろしくお願いします。

会場の東京法律事務所はコチラです

回答書ダウンロード(PDF) ※任意の用紙でも構いません