季刊紙 労働者の権利: 307号(2014年10月)

季刊・労働者の権利307号目次
巻頭言
『残業代ゼロ』制度のウソだらけの目的  佐々木亮
特集 日本航空整理解雇訴訟東京高裁判決
更生手続下における整理解雇の判断基準と判断枠組についての基本的検討
-更生計画の拘束力の根拠と限界に照らして-  船尾 徹
日本航空事件東京高裁判決について  高橋賢司
日本航空不当労働行為事件・東京地裁判決
-更生管財人の不当労働行為を断罪-  竹村和也
時論 アベノミクス女性戦略と労働法制を斬る!!  日本労働弁護団女性労働PT有志
権利闘争の焦点
・経済「論文」などを名誉毀損と攻撃するファンドに断罪
 -昭和ゴム事件と野中教授への名誉毀損恫喝訴訟-  徳住堅治
・メトロコマース事件東京地裁に提訴  青龍美和子
・受注減による期間労働者の雇止無効を認めた判決~派遣先との黙示の労働契約成立は否定~
 -資生堂・アンフィニ事件横浜地裁判決-  藤田温久
・うつ病発症後の憎悪事案で画期的勝訴判決!
 -エム・シー・アンド・ピー事件(京都地裁2014.2.27判決)-  諸富 健
・7年にわたる一時金差別撤廃闘争の完全勝利
 -2つの名判決と資本の擁護者となった中労委の実態-  伊藤幹郎
論考
割増賃金請求事件での労働時間の立証手段(第26回労働法講座)  渡辺輝人
講演 労働基準監督官に聞く  滝澤 成
書評  
道幸哲也 他 (旬報社刊)
『ワークルール検定2014初級テキスト』
『ワークルール検定中級テキスト』  小島周一
リリー・レッドベター、ラニア・S・アイソム 中窪裕也訳(岩波書店)
『賃金差別を許さない!巨大企業に挑んだ私の闘い』  宮里邦雄
海外情報  国際路魚津基準と法律家の役割  大村恵美
資料 日本労働弁護団
『労働契約法第18条の特例に関する特別措置法案』の内容と問題点(2014年7月25日)
債権法改正に対する緊急声明-現行民法536条2項の見直しについて-(2014年8月4日)
編集後記