派遣労働者・労働組合のための派遣労働相談マニュアル

書籍サイズ
B5判
発行日
2016年02月27日
定価
1,800円
ページ数
210頁

労働者・労働組合の強い反対を押し切り、平成27年改正が強行されてしまいました。派遣労働者の権利はますます不安定で弱いものにされてしまいましたが、他方で、国会の論戦や運動の成果を反映し、参議院厚労委員会での附帯決議がされるなど、部分的には今後、労働者、労働組合が活用すべき項目もあります。

非常にわかりにくい派遣法を、労働者、労働組合の立場で実践的に解説します。


主な内容

・労働者派遣とは何か、偽装請負

・派遣期間の制限について

・労働契約申込みみなし制度

・派遣労働者の団体交渉

・派遣契約の解除、雇い止めへの対応

・育児・介護・ハラスメント  等々

派遣労働相談マニュアル正誤表.pdf

目 次
第1章 労働者派遣とその法律関係 …………………………………………… 1
第1 労働者派遣とはなにか、なぜ規制が必要なのか ………………………………… 1
1 労働者派遣とはなにか …………………………………………………………………  1
2 労働者派遣はなぜ規制が必要なのか? ………………………………………………  2
第2 直接雇用原則の例外としての労働者派遣 ………………………………………… 4
1 「労働者供給」事業の禁止と「労働者派遣」 ………………………………………  4
2 中間搾取の排除と直接雇用原則 ………………………………………………………  5
第3 派遣労働をめぐる法律関係 ………………………………………………………… 7
1 問題の所在 ………………………………………………………………………………  7
2 違法派遣に職安法44条の適用はあるか ……………………………………………  9
3 労働者派遣と労働者供給との区別 ……………………………………………………  9
4 二重派遣と労働者供給 …………………………………………………………………  11
第4 偽装請負 …………………………………………………………………………… 11
1 「偽装請負」とはなにか ………………………………………………………………  12
2 「偽装請負」と適法な請負との区別 …………………………………………………  12
3 「派遣」の名称のつく就労形態 ………………………………………………………  15
第5 労働者派遣法の改正経緯 …………………………………………………………… 16
1 労働者派遣の法政策 ……………………………………………………………………  16
2 1985年法制定(対象業務の限定) ………………………………………………  16
3 1999年改正(対象業務の原則自由化と派遣期間制限) ………………………  17
4 2003年改正(派遣可能期間の延長、製造業務の解禁) ………………………  18
5 2012年改正(「派遣労働者の保護」の明記、日雇い派遣の原則禁止、違法派遣・偽装請負の派遣先の派遣労働者への契約申込みみなし) ……………  19
6 2015年改正(派遣期間制限の大緩和) …………………………………………  21

第2章 労働者派遣の事業規制………………………………………………… 23
第1 事業規制の概要 ……………………………………………………………………… 23
1 労働者派遣事業の許可と事業報告等 …………………………………………………  23
2 労働者派遣法の規制の実効確保 ………………………………………………………  23
3 船員の適用除外 …………………………………………………………………………  24
4 いかなる場合に事業と認められるか …………………………………………………  24
第2 禁止業務 ……………………………………………………………………………… 25
1 対象業務の原則自由化と禁止業務 ……………………………………………………  25
2 禁止業務として列挙されているもの …………………………………………………  25
第3 労働者派遣事業の許可制度と許可基準 …………………………………………… 28
1 許可制への一本化 ………………………………………………………………………  28
2 許可基準 …………………………………………………………………………………  29
3 経過措置 …………………………………………………………………………………  32
4 法違反の申告による指導監督・行政処分の活用 ……………………………………  34
第4 グループ企業である派遣先への労働者派遣の制限 ……………………………… 34
1 グループ内企業派遣の8割規制 ………………………………………………………  34
2 「関係派遣先」とは ……………………………………………………………………  35
3 「派遣割合」とは ………………………………………………………………………  35
4 派遣割合の報告義務 ……………………………………………………………………  35
5 違反の効果 ………………………………………………………………………………  36
第5 労働争議中の派遣先への労働者派遣の制限 ……………………………………… 36
1 派遣先の労働争議と労働者派遣の制限 ………………………………………………  36
2 派遣先労働組合による派遣法24条の活用 …………………………………………… 37
第6 「日雇い派遣」の禁止 ……………………………………………………………… 38
1 日雇い派遣禁止の原則 …………………………………………………………………  38
2 脱法に注意 ………………………………………………………………………………  38
3 日雇い派遣禁止の例外 …………………………………………………………………  38
4 就労日直前のキャンセル等 ……………………………………………………………  39
第7 派遣先を退職した労働者の派遣受入れ制限 ……………………………………… 40
1 離職した労働者の離職後1年内の派遣受入れ禁止 …………………………………  40
2 例外(60歳以上の定年退職者) ……………………………………………………  40

第3章 派遣労働契約の締結…………………………………………………… 41
第1 派遣労働契約の種類 ………………………………………………………………… 41

1 派遣労働契約 ……………………………………………………………………………  41
2 無期雇用派遣と有期雇用派遣 …………………………………………………………  41
3 いわゆる「登録型」派遣 ………………………………………………………………  42
4 有期労働契約の無期転換申込権(労働契約法18条)………………………………  42
第2 派遣労働契約締結と派遣労働開始の際の確認事項 ……………………………… 43
1 総論 ………………………………………………………………………………………  43
2 派遣労働契約締結前の待遇に関する事項等の説明 …………………………………  45
3 労働契約締結時の労働条件の明示 ……………………………………………………  46
4 派遣就労開始時の就業条件明示書 ……………………………………………………  47
第3 派遣労働者が取得可能な情報 ……………………………………………………… 49
1 マージン率などの情報公開 ……………………………………………………………  49
2 派遣料金の明示 …………………………………………………………………………  49
第4 派遣先による事前面接等の禁止 …………………………………………………… 50
1 事前面接等の禁止 ………………………………………………………………………  50
2 労働者特定行為への対応 ………………………………………………………………  50
第5 派遣労働者と就業規則 ……………………………………………………………… 51
1 派遣元の就業規則が適用されること …………………………………………………  51
2 就業規則の周知 …………………………………………………………………………  51
第6 紹介予定派遣 ………………………………………………………………………… 51
1 紹介予定派遣とは ………………………………………………………………………  51
2 紹介予定派遣についての派遣法の定め ………………………………………………  52
3 採用内定取り消し ………………………………………………………………………  53

第4章 派遣期間の制限 ……………………………………………………… 54

第1 派遣は臨時的・一時的であるとの原則 …………………………………………… 54
1 従来からの派遣法の原則 ………………………………………………………………  54
2 2015年改正法での原則の明記 …………………………………………………………  54
3 派遣期間制限の大緩和 …………………………………………………………………  54
第2 派遣期間制限の改正の概要 ………………………………………………………… 55
1 改正前の期間制限  ……………………………………………………………………… 55
2 改正後の期間制限 ………………………………………………………………………  55
3 改正派遣法の適用関係について ………………………………………………………  56
第3 事業所単位の期間制限 ……………………………………………………………… 57
1 原則 ………………………………………………………………………………………  57
2 例外 ………………………………………………………………………………………  59
第4 労働者個人単位の期間制限 ………………………………………………………… 63
1 「組織単位」の意義 ………………………………………………………………………  63
2 「継続して」の解釈(クーリング期間) …………………………………………………  65
第5 期間制限違反の効果  ………………………………………………………………  65
第6 期間制限の例外(無期雇用派遣など)  …………………………………………  66

第5章 雇用安定措置 ………………………………………………………… 67

第1 雇用安定措置の対象者 ……………………………………………………………… 67
第2 雇用安定措置の内容(法30条1項各号)  ………………………………………… 67
1 派遣先に対する直接雇用の依頼(1号) ………………………………………………  67
2 新たな派遣先の提供(2号) ……………………………………………………………  68
3 派遣元での直接無期雇用(3号) ………………………………………………………  68
4 その他雇用安定を図るため必要な措置(4号) ………………………………………  68
第3 派遣元が取るべき雇用安定措置     …………………………………………………… 68
1 第1のⅠの特定有期雇用派遣労働者に対して取るべき雇用安定措置 ……………  68
2 第1のⅡの労働者に対して取るべき雇用安定措置 …………………………………  68
3 第1のⅠの特定有期雇用派遣労働者の中で、同一の組織単位の業務に3年間派遣される見込みのある者に対して取るべき雇用安定措置 …………………  68
第4 雇用安定措置の実施手続 …………………………………………………………… 70
第5 法違反の効果 ………………………………………………………………………… 70
第6 派遣先の雇用安定措置 ……………………………………………………………… 70
1 派遣先の雇用努力義務 …………………………………………………………………  71
2 派遣先の募集要項の周知義務 …………………………………………………………  71

第6章 均衡待遇………………………………………………………………… 72

第1 派遣元の責務 ………………………………………………………………………… 72
1 均衡待遇 …………………………………………………………………………………  72
2 均衡を考慮した待遇の確保 ……………………………………………………………  72
3 待遇に関する事項等の説明 ……………………………………………………………  73
4 待遇に関する説明を求めたことを理由とする不利益措置禁止 ……………………  74
5 その他の派遣元指針の規定 ……………………………………………………………  74
第2 派遣先の責務 ………………………………………………………………………… 75
1 教育訓練の実施に関する配慮義務 ……………………………………………………  75
2 福利厚生施設の利用に関する努力義務・配慮義務 …………………………………  76
3 派遣料金の額の決定に関する努力義務 ………………………………………………  76
4 賃金水準の情報提供配慮義務 …………………………………………………………  76
5 まとめ ……………………………………………………………………………………  77
第3 「同一労働・同一賃金推進法」について ………………………………………… 77
1 成立経緯 …………………………………………………………………………………  77
2「同一労働同一賃金推進法」の内容 ……………………………………………………  77

第7章 働き始めてからの諸問題 ……………………………………………… 80

第1 派遣先で行う業務 …………………………………………………………………… 80
1 派遣先で行う業務内容 …………………………………………………………………  80
2 業務区分による期間制限の撤廃に伴う影響 …………………………………………  81
第2 賃金その他労働条件 ………………………………………………………………… 81
1 賃金 ………………………………………………………………………………………  81
2 通勤手当の請求(労働契約法20条の活用)…………………………………………  83
3 休業と賃金支払いの関係 ………………………………………………………………  83
4 福利厚生 …………………………………………………………………………………  85
第3 年次有給休暇 ………………………………………………………………………… 85
1 年次有給休暇の取得は派遣労働者の権利 ……………………………………………  86
2 有給休暇の時季変更権 …………………………………………………………………  86
第4 安全配慮義務と労災 ………………………………………………………………… 87
1 労災保険の支給 …………………………………………………………………………  87
2 安全配慮義務違反による企業責任の追及 ……………………………………………  87
第5 社会保険・雇用保険について ……………………………………………………… 88
1 社会保険 …………………………………………………………………………………  88
2 雇用保険 …………………………………………………………………………………  88
3 雇用保険・社会保険の適用の促進 ……………………………………………………  89
第6 妊娠・出産・育児・介護 …………………………………………………………… 90
1 派遣労働者にも権利が保障されている ………………………………………………  90
2 妊娠・出産に関する権利 ………………………………………………………………  90
3 育児に関する権利 ………………………………………………………………………  93
4 介護に関する権利 ………………………………………………………………………  97
第7 セクハラ・パワハラ ………………………………………………………………… 100
1 派遣労働者に対するハラスメント ……………………………………………………  100
2 セクシャルハラスメント ………………………………………………………………  100
3 パワーハラスメント ……………………………………………………………………  103
第8 教育訓練・キャリアアップ措置 …………………………………………………… 104
1 教育訓練の義務 …………………………………………………………………………  105
2 キャリア形成支援制度の整備 …………………………………………………………  105
3 教育訓練の実施について留意すべき事項 ……………………………………………  106
4 キャリアコンサルティング ……………………………………………………………  107
5 派遣先の提供におけるキャリア形成支援措置 ………………………………………  107
6 キャリア形成支援制度が不十分な場合の効果 ………………………………………  107

第8章 労働者派遣契約の打ち切りと解雇・雇止め ……………………… 108

第1 労働者派遣契約の解除とその制限 ………………………………………………… 108
1 労働者派遣契約と派遣労働契約 ………………………………………………………  108
2 派遣先による労働者派遣契約の解除 …………………………………………………  108
3 派遣元による労働者派遣契約の解除 …………………………………………………  110
第2 労働者派遣契約の終了と派遣元による解雇・雇止め …………………………… 111
1 労働者派遣契約の終了と派遣元による解雇 …………………………………………  111
2 派遣労働者の差し替えと派遣元による解雇 …………………………………………  113
3 労働者派遣契約の終了や派遣停止と派遣労働者の賃金 ……………………………  114
4 労働者派遣契約の終了と派遣元による雇止め ………………………………………  115
第3 解雇・雇止めに対する派遣労働者の対応 ………………………………………… 117
1 解雇・雇止めに対する派遣元への対応 ………………………………………………  117
2 違法派遣や偽装請負の場合の派遣法40条の6に基づく派遣先への対応  ………  117
3 違法派遣や偽装請負の場合の派遣先への対応(黙示の労働契約の主張や損害賠償請求) …………………………………  118
4 労働組合への加入と団体交渉等による解決 …………………………………………  123

第9章 派遣先の労働契約申込みみなし制度 …………………………… 124

第1 労働契約申込みみなし制度とはどういうものか ………………………………… 124
1 制度の概要 ………………………………………………………………………………  124
2 制度の趣旨 ………………………………………………………………………………  124
3 2012年の制度と施行期日 …………………………………………………………  125
4 2015年改正による変更 ……………………………………………………………  125
第2 みなし制度の適用がある違法派遣の5類型 ……………………………………… 126
1 みなし制度適用の要件の概要 …………………………………………………………  126
2 禁止業務 …………………………………………………………………………………  127
3 無許可派遣 ………………………………………………………………………………  128
4 事業所単位の派遣可能期間制限違反 …………………………………………………  128
5 個人単位の期間制限違反 ………………………………………………………………  131
6 偽装請負 …………………………………………………………………………………  132
7 施行日時点で違法派遣が行われている場合 …………………………………………  132
第3 派遣先の主観的な要件 ……………………………………………………………… 132
1 派遣先の善意・無過失 ………………………………………………………………… 132
2 「法律の規定の適用を免れる目的」(偽装請負)……………………………………  134
第4 派遣労働者の承諾の意思表示 ……………………………………………………  136
1 派遣先の申込みの撤回と失効 ………………………………………………………… 136
2 派遣労働者の承諾の意思表示 …………………………………………………………  137
3 派遣元から派遣先への申込みなし時の労働条件の通知 ……………………………  138
第5 派遣先との労働契約の成立とその労働条件 ……………………………………… 139
1 日々の申込み  …………………………………………………………………………… 139
2 申込みの内容となる労働条件  ………………………………………………………… 140
3 労働契約期間の問題  …………………………………………………………………… 140
4 労働契約法19条の適用、雇止めの制限 ……………………………………………  141
5 労働契約法18条との関係 ……………………………………………………………  143
6 厚生労働大臣の助言、指導、勧告、公表など ………………………………………  143
第6 幾つかの複雑なケースの処理 ……………………………………………………… 144
1 複数の事業主が関与する場合 …………………………………………………………  144
2 多重請負の形態の場合 …………………………………………………………………  144
3 二重派遣・多重派遣は本条の適用がないのか ………………………………………  145
第7 派遣先が国又は地方公共団体の場合 ……………………………………………… 146
第8 派遣先との直接雇用を実現するための実務上の準備 …………………………… 146
1 証拠の収集 ………………………………………………………………………………  146
2 各都道府県労働局への相談、申告の活用 ……………………………………………  147
3 派遣先の労働組合への働きかけ ………………………………………………………  147
4 派遣先に対する直接雇用の申込みと交渉 ……………………………………………  148
5 法的手続き ………………………………………………………………………………  148

第10章 派遣労働者の権利実現  ………………………………………… 149

第1 派遣労働者の団体交渉権 …………………………………………………………… 149
1 派遣元との団体交渉 ……………………………………………………………………  149
2 派遣先との団体交渉 ……………………………………………………………………  149
第2 派遣先の労働組合などの取組み …………………………………………………… 157
1 派遣先の労働組合などに求められる基本姿勢 ………………………………………  157
2 派遣労働者の受け入れおよび期間等への関与 ………………………………………  158
3 期間制限到来時の取り組み ……………………………………………………………  159
4 派遣労働者の労働条件の向上 …………………………………………………………  159
5 派遣労働者の苦情相談への対応 ………………………………………………………  160
6 派遣労働者の雇用安定 …………………………………………………………………  160
7 派遣労働者のキャリアアップ支援 ……………………………………………………  161
8 労働契約申込みみなし制度(法40条の6)の適用について………………………  161
9 派遣先の過半数未満労働組合 …………………………………………………………  161
第3 行政への申告 ………………………………………………………………………… 162
1 労基法・労安法違反の場合~労働基準監督署への申告 ……………………………  162
2 派遣法違反・職安法違反の場合~労働局への申告 …………………………………  164
3 行政申告のポイント ……………………………………………………………………  165
第4 あっせん・労働審判・訴訟 ………………………………………………………… 166
1 あっせん …………………………………………………………………………………  166
2 労働審判 …………………………………………………………………………………  166
3 訴訟 ………………………………………………………………………………………  166

資料編
資料1 「派遣で働くときに特に知っておきたいこと」(厚生労働省パンフレット) 169
資料2 派遣元事業主が講ずべき措置に関する指針                173
資料3 派遣先が講ずべき措置に関する指針                  178
資料4 日雇派遣労働者の雇用の安定等を図るために派遣元事業主及び派遣先が講ずべき措置に関する指針        184
資料5 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律等の一部を改正する法律案に対する附帯決議188
資料6 労働契約申込みみなし制度について                   195
資料7  労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準      202
資料8 改正労働者派遣法に関する連合の取り組み                204