働く人のための 倒産対策実践マニュアル Ver.3

書籍サイズ
B5判
発行日
2006年02月25日
定価
2,160 円
ページ数
234 頁

倒産前の情報収集の方法

経営分析から倒産の際の対処の仕方まで実践的アドバイスが満載。

すぐに使える書式も掲載

  • 企業倒産の今日的特徴
  • 倒産にそなえ怠りなく
  • 企業倒産における基本戦略の策定
  • 労働債権をどう確保するか
  • 雇用と労働条件の確保
  • 倒産手続きの種別と対応  他

2002年4月の第2版発行後、倒産をめぐる法制、様相は大きく変わりました。

本書は、各状況をふまえ、現在の倒産法制の内容と活用・留意点を働く者の立場から平易に解説するように務めました。

労働組合はもちろんのこと、労働組合に加入していない個人の方でも活用できます。

※企業組織再編リストラ対策実践マニュアルVer.2(2,160円/2010年4月30日発
行)とセットで同時に購入の場合3,700円にて頒布(送料別/310円~)

働く人のための倒産対策実践マニュアルVer.3  目 次

第1章 企業倒産の今日的特徴 …………………………………… 1

第1 はじめに ……………………………………………………………… 1
第2 倒産処理の迅速化と企業組織再編の多用 ………………………… 3
1 機能不全に陥ったわが国の「メインバンク制」 …………………………… 3
2 スピードアップする倒産処理 ………………………………………………… 3
3 倒産処理における企業組織再編の多用 ……………………………………… 6
第3 投資ファンドの台頭 ………………………………………………… 6
1 投資ファンドによる企業買収の急増 ………………………………………… 6
2 「ハゲタカファンド」か、真の事業再生者か ……………………………… 7
3 東急観光におけるファンドの買収と不当労働行為 ………………………… 8
4 労働者への大きな影響 ………………………………………………………… 9
第4 倒産法制の大幅改正と先取特権に関する改正 …………………… 9
1 倒産法制の大幅改正の概要 …………………………………………………… 9
2 民事再生法について …………………………………………………………… 10
3 会社更生法の改正 ……………………………………………………………… 11
4 破産法の大改正 ………………………………………………………………… 12
5 会社法の清算・特別清算の改正と会社の整理制度の廃止 ………………… 12
6 先取特権の民法への統一 ……………………………………………………… 12
第5 倒産した時には会社資産は残っていない ………………………… 13
1 動産譲渡登記制度の創設と債権譲渡登記制度の拡大 ……………………… 13
2 本当にニューマネーを呼ぶのか ……………………………………………… 15
3 倒産危機時には確保すべき会社財産がない可能性 ………………………… 16
第6 沈静化しても高い水準の企業倒産 ………………………………… 17
1 倒産件数の推移と負債総額 …………………………………………………… 17
2 倒産処理態様の特徴 …………………………………………………………… 17

第2章 倒産にそなえ怠りなく…………………………………… 19

第1 経営分析と資料収集を常日頃から怠りなく ……………………… 19
第2 平常時にとっておくべき労働協約と法人登記 …………………… 23
1 解雇・事業所閉鎖・企業組織再編についての労働協約 …………………… 24
2 労働協約の有効期間の重要性 ………………………………………………… 29
3 労働組合の法人登記の重要性 ………………………………………………… 31
第3 情報収集と兆候 ……………………………………………………… 32
1 情報戦を勝ち抜くこと ………………………………………………………… 32
2 兆候は必ずある ………………………………………………………………… 33
第4 経営分析の実際 ……………………………………………………… 34
1 決算書類からの分析 …………………………………………………………… 34
2 決算書類以外の情報 …………………………………………………………… 42
3 職場情報 ………………………………………………………………………… 42
4 集めた資料・情報の活用方法 ………………………………………………… 43
第5 事前に準備しておくべきこと ……………………………………… 44

第3章 企業倒産における基本戦略の策定……………………… 46

第1 基本戦略の策定 ……………………………………………………… 46
1 倒産をめぐる状況の変化 ……………………………………………………… 46
2 3つの選択肢 …………………………………………………………………… 49
第2 会社が倒産した際の労働組合の具体的行動 ……………………… 52
1 倒産直後の労働組合の役割 …………………………………………………… 52
2 倒産対策の基本戦略の選択 …………………………………………………… 52

第4章 労働債権をどう確保するか……………………………… 55

第1 労働債権確保に必要な準備 ………………………………………… 56
1 スピーディーに出来るだけ多くの資料の収集と整理 ……………………… 56
2 労働債権確認書の作成 ………………………………………………………… 57
3 未払賃金の遅延損害金 ………………………………………………………… 57
第2 労働債権と雇用確保のための労働協約の重視 …………………… 58
1 組合による事業所の確保 ……………………………………………………… 58
2 労働協約の締結 ………………………………………………………………… 59
3 事業所使用に関する労働協約 ………………………………………………… 60
4 労働債権の確認に関する労働協約 …………………………………………… 61
5 退職金協定、退職金上積み協定の締結 ……………………………………… 61
6 労働債権確保のための譲渡協定 ……………………………………………… 63
第3 裁判所を活用した労働債権の確保・回収 ………………………… 67
1 どの手段を選択すべきか -それぞれの位置づけと優劣 ………………… 67
2 一般先取特権に基づく差押 …………………………………………………… 69
3 仮差押の申立 …………………………………………………………………… 77
4 賃金仮払仮処分の申立 ………………………………………………………… 79
5 簡易裁判所への賃金等支払督促の申立 ……………………………………… 79
6 未払賃金請求の訴えの提起 …………………………………………………… 80
第4 取締役個人や親会社などからの労働債権の回収 ………………… 81
1 取締役など役員個人の責任追及 ……………………………………………… 82
2 労働債権確保のための親会社・背景資本の責任追及 ……………………… 84
第5 労基法104条1項による労基署への申告・告発 ……………… 87
第6 賃確法による立替払制度の利用 …………………………………… 88
1 未払賃金の立替払制度とは …………………………………………………… 88
2 対象となる倒産 ………………………………………………………………… 89
3 対象となる労働者 ……………………………………………………………… 89
4 立替払される賃金の種類とその額 …………………………………………… 90
5 立替払を請求できる時期 ……………………………………………………… 90
6 立替払の手続 …………………………………………………………………… 90
第7 第三者機関からの退職金の支払い ………………………………… 91
1 中小企業退職金共済制度(中退共)による退職金支払 …………………… 91
2 特定退職金共済制度 …………………………………………………………… 93
第8 社内融資と退職金などの労働債権との相殺 ……………………… 93
第9 税務署・社会保険事務所との交渉 ………………………………… 94

第5章 雇用と労働条件の確保…………………………………… 96

第1 倒産会社の責任 ……………………………………………………… 97
1 整理解雇法理の適用 …………………………………………………………… 97
2 代表者の個人責任 ……………………………………………………………… 101
第2 団体交渉による解決 ―労組法上の「使用者」………………… 101
1 団体交渉権の活用 ……………………………………………………………… 102
2 構内下請 ………………………………………………………………………… 103
3 親会社の団交応諾義務 ………………………………………………………… 103
4 支配取引先(背景資本) ……………………………………………………… 104
5 スポンサー・資金提供先 ……………………………………………………… 105
第3 親会社・譲渡先会社に対する雇用責任の追及 …………………… 106
1 親会社の責任 …………………………………………………………………… 106
2 承継会社の責任 ………………………………………………………………… 108
第4 倒産・企業組織再編にともなう労働条件切下げとのたたかい … 112
1 営業譲渡の場合 ………………………………………………………………… 113
2 合併の場合 ……………………………………………………………………… 121

第6章 倒産手続の種別と対応 ………………………………… 125

第1 任意整理とその対策 ………………………………………………… 125
1 任意整理手続では労働債権確保の保証はない ……………………………… 125
2 清算か再建か …………………………………………………………………… 126
3 会社が弁護士に預けた金員の差押も可能 …………………………………… 127
第2 破産とその対策 ……………………………………………………… 128
1 破産法の大幅改正 ……………………………………………………………… 128
2 破産手続の流れ ………………………………………………………………… 130
3 管轄裁判所 ……………………………………………………………………… 130
4 文書等の閲覧謄写請求制度 …………………………………………………… 132
5 説明義務者の拡大 ……………………………………………………………… 133
6 労働組合の手続関与・意見聴取(団交応諾義務) ………………………… 133
7 否認権と役員の責任の追及 …………………………………………………… 134
8 破産手続における債権等の取り扱い ………………………………………… 135
9 労働債権はどうなるのか ……………………………………………………… 136
10 破産手続における労働者の雇用 …………………………………………… 139
11 破産手続の進行と労働者の対策 …………………………………………… 140
12 管財人の否認権行使への対応 ……………………………………………… 145
第3 特別清算とその対策 ………………………………………………… 146
1 特別清算手続の流れ …………………………………………………………… 146
2 特別清算手続の進行と労働者の対策 ………………………………………… 146
第4 会社更生とその対策 ………………………………………………… 149
1 会社更生法の全面改正のポイント …………………………………………… 149
2 手続の流れ ……………………………………………………………………… 151
3 会社更生のタイプ ……………………………………………………………… 151
4 会社更生手続の進行と労働者の対策 ………………………………………… 154
5 会社更生と労働者の雇用 ……………………………………………………… 158
6 会社更生と労働債権 …………………………………………………………… 159
第5 民事再生とその対策 ………………………………………………… 163
1 民事再生法の改正 ……………………………………………………………… 163
2 民事再生手続の流れ …………………………………………………………… 164
3 民事再生手続の特徴と運用 …………………………………………………… 165
4 民事再生手続における債権の種別と取扱い ………………………………… 166
5 労働債権はどうなるか ………………………………………………………… 167
6 再生手続の進行と労働者・労働組合の対策 ………………………………… 169

第7章 国際倒産 ………………………………………………… 181

第1 外国倒産処理手続の承認援助に関する法律の創設 ……………… 181
1 属地主義から国際主義への転換 ……………………………………………… 181
2 「外国倒産処理手続承認援助法」の内容 …………………………………… 182
3 破産法と外国倒産法制との関係 ……………………………………………… 183
4 民事再生法・会社更生法と外国倒産法制との関係 ………………………… 184
第2 考えられる労働者・労働組合の対応 ……………………………… 184
1 ユナイテッド・ステーツ・ライン事件 ……………………………………… 184
2 新法での想定されるケース …………………………………………………… 185
3 労働組合の対応 ………………………………………………………………… 185

第8章 倒産と雇用保険・社会保険・税金 …………………… 187

第1 雇用保険(失業保険)の手続と仮給付 …………………………… 187
1 適用事業と保険関係の成立 …………………………………………………… 187
2 被保険者 ………………………………………………………………………… 187
3 失業等給付の概要 ……………………………………………………………… 190
4 受給要件 ………………………………………………………………………… 190
5 基本手当の額、給付日数 ……………………………………………………… 190
6 基本手当の支給開始時期(離職事由による給付制限) …………………… 192
7 受給手続 ………………………………………………………………………… 193
8 事業主が離職票を交付しない場合 …………………………………………… 193
9 離職票の「離職理由」の記載について ……………………………………… 194
10 解雇の効力を争う場合の仮給付手続の履践 ……………………………… 194
第2 社会保険 ……………………………………………………………… 195
1 雇用関係終了に伴う資格喪失手続 …………………………………………… 195
2 資格喪失後の健康保険 ………………………………………………………… 196
3 解雇の効力を争う場合の被保険者資格 ……………………………………… 197
4 倒産企業の保険料未納の取扱い ……………………………………………… 203
第3 税金 …………………………………………………………………… 204
1 会社が源泉徴収する所得税、住民税 ………………………………………… 204
2 住民税の納付が困難なとき …………………………………………………… 205
3 確定申告による還付請求 ……………………………………………………… 205

第9章 雇用の安定に関する公的助成制度 …………………… 206

第1 雇用調整助成金(2005年4月現在) …………………………… 206
1 受給要件 ………………………………………………………………………… 206
2 受給金額と期間 ………………………………………………………………… 207
3 支給申請手続 …………………………………………………………………… 208
第2 再就職援助制度(2005年4月現在)……………………………… 208
1 労働移動支援助成金(求職活動等及び再就職支援給付金) ……………… 208
2 退職前長期休業助成金 ………………………………………………………… 209
3 支給手続 ………………………………………………………………………… 210

書式・資料

書式A    基本労働協約の例 ………………………………………………… 26
書式B    事業所閉鎖協定の例 ……………………………………………… 26
書式C    事業所使用協定の例 ……………………………………………… 60
書式D    未払労働債権確認書 ……………………………………………… 61
書式E    退職金規定がない場合の退職金協定 …………………………… 62
書式F    退職金規定がある場合の退職金上積み協定 …………………… 63
書式G    会社資産譲渡協定 ………………………………………………… 65
書式H    債権譲渡協定 ……………………………………………………… 65
書式I    債権譲渡通知書 …………………………………………………… 66
書式J1~7 債権差押命令申立書 ……………………………………………… 213
書式K    不動産仮差押命令申立書 ………………………………………… 218
書式L    債権仮差押命令申立書 …………………………………………… 219
書式M    定型支払督促申立書 ……………………………………………… 221
書式N    労基法違反申告書 ………………………………………………… 223
★ 内容証明郵便の様式 …………………………………………………………… 66
資料1    企業体質改善のチェックリスト ………………………………… 224
資料2    登記事項概要証明書・登記事項証明書 ………………………… 225
資料3    未払賃金の立替払制度 …………………………………………… 227
資料4    未払賃金の立替払請求書と記入要綱 …………………………… 231
資料5    雇用保険法第33条の「雇用保険の受給制限のない自己都合退職」… 232
資料6    離職理由欄(離職票) …………………………………………… 233
資料7    特定受給資格者の範囲 …………………………………………… 234