働く人のための 労働時間マニュアル Ver.2

書籍サイズ
B5判
発行日
2015年11月07日
定価
2,700 円
ページ数
400 頁

労働時間法の原則と例外を分かり易く解説。労使協定の実例、モデル例や書式・資料も充実。

2003年1月のVer1の発刊後10年以上が経ち、この間労働基準法、育児介護休業法が改正され、新しい判例も蓄積されてきました。Ver2では、これらの改正内容を解説するとともに、この間の新しい判例も補充しました。

この書が、時短闘争の指針として、またエグゼンプション反対運動に役立つものとして、皆さまに活用されることを期待します。


  • 労働時間には限度がある
  • 実労働時間の立証について
  • どれだけ働けばよいのか。残業代を損していないか。どこに相談すればよいのか。
  • 変形労働時間制、みなし労働時間制への対処の仕方
  • 管理職、年俸制労働者の残業と残業代
  • 年次有給休暇の積極的な取得、育児介護休業法の活用
  • 健康に働き、過労死しないために
  • 過労死の労災補償
  • 時間短縮に役立つ要綱、通達も網羅
  • 育児介護の休業申し出・時間外労働制限などの書式も多数掲載

 

はじめに

第1章 労働時間、休日、休暇等はどのようにして決まるのか ………… 1

第2章 どれだけ働けばよいのか …………………………………………… 5

第3章 残業代を損していないか? …………………………………………    10

第4章 残業代未払など労基法違反への対処(関係機関の利用) ……… 15


Ⅰ 労働時間の基礎知識

第1章 労働時間法の大原則と例外 ………………………………………… 17


第1 最低労働条件としての労働基準法 ……………………………………………… 17

1 最低労働条件としての労働基準法 ……………………………………………… 17

2 刑罰法規としての労基法 ………………………………………………………… 18

3 労基法は事業場単位で適用される ……………………………………………… 18

4 労基法と労働協約、就業規則、労働契約の関係 ……………………………… 18

第2 労働時間法の大原則 ……………………………………………………………… 20

第3 原則に対する例外 ………………………………………………………………… 20

1 時間外・休日労働(Ⅱ第2章) ………………………………………………… 20

2 変形労働時間制(Ⅲ第1~5章) ……………………………………………… 21

3 みなし労働時間制(Ⅲ第6~8章) …………………………………………… 21

4 適用除外(Ⅰ第3章) …………………………………………………………… 21

5 特例   ……………………………………………………………………………… 22

第2章 労働時間・労働日 …………………………………………………… 23

第1 労働時間 …………………………………………………………………………… 23

1 法定労働時間 ……………………………………………………………………… 23

2 所定労働時間 ……………………………………………………………………… 24

3 実労働時間 ………………………………………………………………………… 25

第2 労働日と休日・休暇 ……………………………………………………………… 27

1 労働日と休日 ……………………………………………………………………… 27

2 法定休日と法定外休日 …………………………………………………………… 27

3 休暇・休業・欠勤 ………………………………………………………………… 29

第3章 管理監督者等の適用除外 …………………………………………… 35

第1 労働時間等に関する規定の適用除外(労基法41条) ……………………… 35

1 労基法が規定する適用除外 ……………………………………………………… 35

2 適用除外の意味 …………………………………………………………………… 35

第2 管理・監督者  …………………………………………………………………… 36

1 「管理職」=管理・監督者ではない …………………………………………… 36

2 管理・監督者とは ………………………………………………………………… 37

3 判断要素の検討 …………………………………………………………………… 38

4 判例の傾向 ………………………………………………………………………… 41

5 就業規則や個別合意による残業代不払いは許されない ……………………… 44

6 役職手当等と時間外手当 ………………………………………………………… 44

第3 機密事務取扱者  ………………………………………………………………… 44

第4 監視・断続労働従事者  ………………………………………………………… 45

第5 労基法改正案について  ………………………………………………………… 46

1 企画業務型裁量労働制の見直し ………………………………………………… 47

2 特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)の創設 … 47

3 フレックスタイム制の見直し …………………………………………………… 48

第4章 女性と労働時間、休業 ……………………………………………… 49

第1 女性の時間外労働・休日労働と深夜労働 ……………………………………… 49

1 時間外、休日労働 ………………………………………………………………… 49

2 深夜労働 …………………………………………………………………………… 51

第2 生理休暇(労基法68条)………………………………………………………… 52

第3 妊娠、出産に関する保護 ………………………………………………………… 53

1 通院時間の確保等(均等法第1213条)……………………………………… 53

2 法外残業等の拒否権(労基法第66条)………………………………………… 55

3 産前産後休業(労基法第65条)………………………………………………… 55

4 育児時間(労基法第67条)……………………………………………………… 57

第4 権利行使と不利益取り扱いの禁止 ……………………………………………… 57

第5章 交替制勤務 …………………………………………………………… 59

第1 交替制勤務とは …………………………………………………………………… 59

1 交替制のタイプ …………………………………………………………………… 59

2 交替制と深夜労働 ………………………………………………………………… 60

第2 交替制勤務の規制 ………………………………………………………………… 61

1 労働条件の明示 …………………………………………………………………… 61

2 法定労働時間 ……………………………………………………………………… 62

3 変形労働時間制 …………………………………………………………………… 62

4 休憩時間 …………………………………………………………………………… 63

5 休日 ………………………………………………………………………………… 63

6 時間外労働 ………………………………………………………………………… 64

7 年次有給休暇 ……………………………………………………………………… 65

第6章 労使協定と労働者代表 ……………………………………………… 66

第1 労使協定の意義 …………………………………………………………………… 66

1 労使協定 …………………………………………………………………………… 66

2 労使協定締結は義務ではない …………………………………………………… 67

3 労使協定の効力 …………………………………………………………………… 68

第2 労働者代表 ………………………………………………………………………… 69

1 労働者代表 ………………………………………………………………………… 69

2 過半数代表者の選出 ……………………………………………………………… 71

3 過半数代表者の不利益取り扱いの禁止 ………………………………………… 72

第3 労使協定の終了 …………………………………………………………………… 72

1 労使協定の期間 …………………………………………………………………… 72

  労使協定の解約 …………………………………………………………………… 73

第4 労使委員会と労働時間設定改善委員会 ………………………………………… 73

1 労使委員会とは …………………………………………………………………… 74

2 労使委員会決議の労使協定代替効力 …………………………………………… 74

3 労働時間設定改善委員会 ………………………………………………………… 75

Ⅱ 実労働時間と残業

第1章 実労働時間の判断と立証 …………………………………………… 78

第1 実労働時間の意義と判断基準 …………………………………………………… 78

1 実労働時間の意義 ………………………………………………………………… 78

2 入門と退門 ………………………………………………………………………… 79

3 準備時間-作業服の着替え、保護具の着用など ……………………………… 79

4 後始末時間-作業服・保護具の着替え、整理整頓、洗身 …………………… 80

5 昼当番 ……………………………………………………………………………… 80

6 教育、研修、訓練、小集団活動 ………………………………………………… 81

7 社内昇進試験、資格試験への参加 ……………………………………………… 81

8 健康診断 …………………………………………………………………………… 82

9 労働安全衛生法に基づく研修及び安全衛生委員会の会議 …………………… 82

10  黙示の指示と労働時間 ………………………………………………………… 82

11 自宅持ち帰り残業 ……………………………………………………………… 83

12 仕事上の接待 …………………………………………………………………… 83

13 仮眠時間 ………………………………………………………………………… 84

14 住み込み(管理員)業務 ……………………………………………………… 85

15 呼出勤務 ………………………………………………………………………… 86

16 移動時間 ………………………………………………………………………… 86

第2 使用者の実労働時間の把握義務 ………………………………………………… 89

1 労働時間の把握・算定義務 …………………………………………………… 89

2 労働時間の適正な把握のための基準 …………………………………………… 89

3 自己申告制の問題点 ……………………………………………………………… 90

4 管理監督者及びみなし労働時間制の対象者 …………………………………… 91

 

第3 実労働時間の立証 ………………………………………………………………… 91

1 実労働時間立証の重要性 ………………………………………………………… 92

2 実労働時間の立証方法 …………………………………………………………… 92

3 立証の程度(十分な立証ができない場合の認定例) ………………………… 95

4 立証上のその他の問題点 ………………………………………………………… 96

5 証拠保全 …………………………………………………………………………… 97

第2章 時間外・休日労働と深夜労働 ……………………………………… 98

第1 時間外労働・休日労働 …………………………………………………………… 98

1 時間外・休日労働(労基法第36条)…………………………………………… 98

2 36協定による法定労働時間の例外 …………………………………………… 101

3 時間外・休日労働義務 …………………………………………………………… 107

4 36協定の締結・運用・協定違反に対する対処の仕方 ……………………… 110

5 非常事由による時間外・休日労働(労基法33条)…………………………… 111

第2 深夜労働 …………………………………………………………………………… 112

第3章 割増賃金 ………………………………………………………………119

第1 割増賃金(残業代)とその計算 ………………………………………………… 119

1 残業代等請求権の概要 …………………………………………………………… 119

2 労基法上の割増賃金の計算 ……………………………………………………… 120

3 契約上の割増賃金 ………………………………………………………………… 126

第2 賃金制度と残業代 ………………………………………………………………… 126

1 固定残業制(定額払) …………………………………………………………… 126

2 年俸制と割増賃金 ………………………………………………………………… 131

3 オール歩合給と割増賃金 ………………………………………………………… 131

第3 労働時間制度と残業代 …………………………………………………………… 132

1 変形労働時間制(Ⅲ第1~第4章参照) ……………………………………… 132

2 フレックスタイム(Ⅲ第5章参照) …………………………………………… 132

3 みなし労働時間制(Ⅲ第6章参照) …………………………………………… 132

4 管理職(Ⅰ第3章参照) ………………………………………………………… 132

5 仮眠時間 …………………………………………………………………………… 132

第4 消滅時効 …………………………………………………………………………… 134

第4章 代替休暇(労基法373項) ……………………………………… 135

1 制度の概要 ………………………………………………………………………… 135

2 労使協定 …………………………………………………………………………… 136

3 代替休暇時間数の算出方法(労基則19条の22項)……………………… 137

 代替休暇の単位 …………………………………………………………………… 140

5 代替休暇を与えることができる期間 …………………………………………… 140

 代替休暇の取得日の決定方法と割増賃金の支払日 …………………………… 141

Ⅲ 労働時間の例外制度

第1章 変形労働時間制の基礎知識  ……………………………………… 144

第1 変形労働時間制とは ……………………………………………………………… 144

1 労働時間規制の枠組みの「変形」 ……………………………………………… 144

2 使用者のメリットと労働者のデメリット ……………………………………… 145

3 変形労働時間制導入の留意点-労働時間短縮のためか ……………………… 145

第2 変形労働時間制の概要 …………………………………………………………… 146

第3 変形労働時間制の適用対象者 …………………………………………………… 147

1 育児や介護等の配慮を要する者 ………………………………………………… 147

2 18歳未満の年少者 ………………………………………………………………… 148

3 妊産婦 ……………………………………………………………………………… 148

第4 変形労働時間制と時間外労働 …………………………………………………… 149

1 変形労働時間制での残業は例外的なものに …………………………………… 149

2 変形労働時間制の時間外労働のカウント方法 ………………………………… 149

3 フレックスタイム制の時間外労働のカウント方法 …………………………… 151

第2章 1か月単位の変形労働時間制  …………………………………… 152

第1 1か月単位の変形労働時間制(労基法32条の2)…………………………… 152

1 1か月変形制とは ………………………………………………………………… 152

2 要件 ………………………………………………………………………………… 153

第2 1か月変形制の対処の仕方・対策  …………………………………………… 157

1 導入・協定に当たっての注意点 ………………………………………………… 157

2 特定の程度 ………………………………………………………………………… 158

3 勤務時間特定後の変更 …………………………………………………………… 160

4 休日振替 …………………………………………………………………………… 162

5 所定外労働 ………………………………………………………………………… 162

6 運用面での注意 …………………………………………………………………… 162

第3 1か月変形労働時間制における時間外労働の計算  ………………………… 162

1 基本 ………………………………………………………………………………… 162

2 具体例 ……………………………………………………………………………… 163

第3章 1年単位の変形労働時間制  ……………………………………… 167

第1 1年単位の変形労働時間制(労基法32条の4) …………………………… 167

1 1年単位の変形労働時間制とは ………………………………………………… 167

2 要件 ………………………………………………………………………………… 168

3 1年変形労働時間制と時間外労働 ……………………………………………… 171

第2 1年変形労働時間制への対処の仕方 …………………………………………  172

1 法律の要件を満たした制度を作る ……………………………………………… 172

2 労働者にとって利益となるかの分析を行う …………………………………… 172

3 所定労働時間は上限以下に ……………………………………………………… 173

4 区分期間は置かない ……………………………………………………………… 173

5 残業・勤務変更は認めない ……………………………………………………… 173

6 配慮規定を具体化しておく ……………………………………………………… 173

第4章 1週間変形労働時間制  ……………………………………………179

1 1週間単位の変形労働時間制とは(労基法32条の5) ……………………… 179

2 要件(労使協定の締結) ………………………………………………………… 179

3 所定労働時間の特定と変更 ……………………………………………………… 179

第5章 フレックスタイム制  ………………………………………………182

第1 フレックスタイム制の概要 …………………………………………………… 182

1 フレックスタイム制とは(労基法32条の3) ………………………………… 182

2 目的と効用 ………………………………………………………………………… 183

3 フレックスタイム制の要件(労基法32条の3)………………………………… 183

第2 要件 ……………………………………………………………………………… 184

1 適用労働者 ………………………………………………………………………… 184

2 清算期間 …………………………………………………………………………… 185

3 契約時間 …………………………………………………………………………… 186

4 標準労働時間 ……………………………………………………………………… 187

5 コアタイム ………………………………………………………………………… 187

6 フレキシブルタイム ……………………………………………………………… 188

第3 自主決定権の確保 ……………………………………………………………… 190

1 自主決定権が本質 ………………………………………………………………… 190

2 時刻を指定しての業務命令はできない ………………………………………… 190

3 職務完遂義務はあるのか ………………………………………………………… 191

4 臨時解除は認められない ………………………………………………………… 191

5 就労予定時刻の届出 ……………………………………………………………… 191

第4 フレックス制と賃金(実労働時間と契約時間の清算)……………………… 192

1 契約時間を超えた場合-所定外賃金の支払 …………………………………… 192

2 契約時間に不足した場合 ………………………………………………………… 192

第5 フレックス制と時間管理 ……………………………………………………… 194

1 時間管理の方法 …………………………………………………………………… 194

2 フレックスタイム制と時間外労働 ……………………………………………… 195

3 休日と休日労働 …………………………………………………………………… 195

4 欠勤・遅刻・早退 ………………………………………………………………… 197

5 ストライキ・組合活動 …………………………………………………………… 198

6 休憩 ………………………………………………………………………………… 199

第6章  みなし労働時間制の基礎知識 …………………………………… 202

第1 実労働時間による算定と例外としての「みなし労働時間制」 …………… 202

1 実労働時間による算定の原則とその把握の必要性 …………………………… 202

2 例外としての「みなし労働時間制」 …………………………………………… 202

3 みなし労働時間制の効果(賃金、残業手当) ………………………………… 203

4 現行法上のみなし労働時間制 …………………………………………………… 204

第2 みなし労働時間制についての注意点 ………………………………………… 205

1 濫用の危険性 ……………………………………………………………………… 205

2 労基法の要件と厳格なチェックの必要性 ……………………………………… 205

3 違法なみなし労働時間制の場合 ………………………………………………… 205

4 実労働時間把握の必要性 ………………………………………………………… 206

5 裁量手当、営業手当等とみなし労働時間制 …………………………………… 206

第7章 事業場外労働のみなし労働時間制 ……………………………… 207

第1 事業場外労働のみなし労働時間制とは ……………………………………… 207

1 制度趣旨 …………………………………………………………………………… 207

2 労基法の定め(労基法38条の2)……………………………………………… 207

3 適用要件(労働時間を算定し難いとき) ……………………………………… 208

第2 基本的な効果(労働のすべてを事業場外で行う場合)……………………… 210

1 労働時間のみなし ………………………………………………………………… 210

2 通常所定労働時間を超えて労働することが必要になる場合 ………………… 211

3 労使協定によるみなし(必要)時間       ……………………………………… 212

第3 一部の労働を事業場外で行う場合  …………………………………………… 212

1 基本 ………………………………………………………………………………… 212

2 事業場内労働をした後、事業場外で業務を行って直帰する場合 …………… 213

3 直行して事業場外労働をした後、事業場内労働を行う場合 ………………… 214

第4 事業場外労働のみなし労働時間制についての注意点  ……………………… 215

1 「通常必要とされる時間」(労基法38条の21項但書………………… 215

2 いわゆる営業手当等と時間外手当 ……………………………………………… 216

第8章 裁量労働のみなし労働時間制  …………………………………… 219

第1 裁量労働のみなし労働時間制とは  …………………………………………… 219

1 制度の概略 ………………………………………………………………………… 219

2 裁量みなし時間制はタイプが異なる2本建て ………………………………… 220

3 裁量みなし時間制の導入に応じる義務はない ………………………………… 220

4 成果主義賃金制度とは直結しない ……………………………………………… 221

第2 専門職の裁量みなし時間制  …………………………………………………… 221

1 専門職の裁量みなし時間制とは(労基法38条の3) ………………………… 221

2 対象業務 …………………………………………………………………………… 222

3 時間主権のチェック-労働者に実際に裁量権があること …………………… 226

4 労使協定の締結と届出 …………………………………………………………… 227

5 裁量みなし時間制の効果 ………………………………………………………… 230

 

第3 企画職の裁量みなし時間制 …………………………………………………… 232

1 企画職の裁量みなし時間制とは(労基法38条の4)………………………… 232

2 導入のための実体的要件 ………………………………………………………… 232

3 導入のための手続要件 …………………………………………………………… 237

4 対象労働者の個別同意 …………………………………………………………… 244

5 裁量みなし時間制が適用された場合の効果 …………………………………… 245

6 労働者・労働組合の対処のポイント …………………………………………… 246

7 新たな類型の追加の動き ………………………………………………………… 248

Ⅳ 休む権利

第1章 健康に働くために-休む権利 …………………………………… 256

第1 休む権利 ………………………………………………………………………… 256

1 休む権利 …………………………………………………………………………… 256

  1800時間実現は可能 ……………………………………………………………… 260

3 労働時間削減の方策 ……………………………………………………………… 261

第2 労働基準法関連法規の活用 …………………………………………………… 264

1 設定改善法 ………………………………………………………………………… 264

2 所定外労働削減要綱 ……………………………………………………………… 265

3 下請企業労働者の労働時間短縮施策 …………………………………………… 266

4 L休暇(長期休暇)の普及 ……………………………………………………… 267

5 各種助成金 ………………………………………………………………………… 267

第3 労働安全衛生法関連法規の活用 ……………………………………………… 268

1 労働安全衛生法の目的 …………………………………………………………… 268

2 職場の安全管理体制 ……………………………………………………………… 268

3 産業医 ……………………………………………………………………………… 269

4 健康診断 …………………………………………………………………………… 270

5 面接指導等 ………………………………………………………………………… 271

6 二次健康診断等給付 ……………………………………………………………… 273

7 過重労働による健康障害防止のための総合対策 ……………………………… 273

8 労働者の心の健康づくりのための指針 ………………………………………… 275

9 VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン …………………… 276

第4 労基署等に対する申告権の活用 ……………………………………………… 277

第2章 休 憩 ……………………………………………………………… 278

第1 休憩とは ………………………………………………………………………… 278

1 休憩(労基法34条)……………………………………………………………… 278

2 休憩時間とは認められない場合 ………………………………………………… 278

第2 休憩時間の定め方 ……………………………………………………………… 279

1 休憩時間の長さ …………………………………………………………………… 279

2 休憩時間の位置と分割 …………………………………………………………… 280

3 休憩時間の繰上げ、繰下げ ……………………………………………………… 281

第3 休憩時間の一斉付与の原則 …………………………………………………… 281

第4 休憩時間の自由利用の原則 …………………………………………………… 282

1 自由利用原則の意義 ……………………………………………………………… 282

2 自由利用に対する制約 …………………………………………………………… 282

3 外出許可制・届出制 ……………………………………………………………… 282

4 休憩時間中の政治活動 …………………………………………………………… 283

5 休憩時間中の組合活動 …………………………………………………………… 283

6 自由利用原則の適用除外等 ……………………………………………………… 284

第5 休憩を付与されなかった場合の対処の仕方 ………………………………… 284

1 労働基準監督署の利用 …………………………………………………………… 284

2 賃金請求 …………………………………………………………………………… 284

3 損害賠償請求 ……………………………………………………………………… 285

第3章 休日 …………………………………………………………………… 287

第1 休日とは ………………………………………………………………………… 287

1 休日と労働日 ……………………………………………………………………… 287

2 週休制の原則 ……………………………………………………………………… 287

3 法定休日と法定外休日 …………………………………………………………… 288

4 暦日休日制 ………………………………………………………………………… 288

第2 休日の定め方 …………………………………………………………………… 289

1 休日の特定 ………………………………………………………………………… 289

2 休日の配置 ………………………………………………………………………… 290

3 就業規則と休日 …………………………………………………………………… 291

第3 変形週休制 ……………………………………………………………………… 291

1 変形週休制とは …………………………………………………………………… 291

2 変形の単位期間 …………………………………………………………………… 291

3 変形週休制における休日の特定と配置 ………………………………………… 292

第4 休日の振替と代休 ……………………………………………………………… 292

1 休日の振替 ………………………………………………………………………… 292

2 代休 ………………………………………………………………………………… 294

第4章 年次有給休暇 ……………………………………………………… 297

第1 年次有給休暇制度の趣旨 ……………………………………………………… 297

第2 年休権の発生 …………………………………………………………………… 298

1 年休権の発生要件(労基法391項)………………………………………… 298

2 「6か月間継続勤務」とは ……………………………………………………… 298

3 「全労働日の8割以上出勤」とは(労基法397項)……………………… 299

4 年休日数(労基法3912項) ……………………………………………… 301

5 年休取得の単位 …………………………………………………………………… 301

6 パートタイム労働者の年休権(労基法393項)…………………………… 302

第3 法定外年休 ……………………………………………………………………… 303

第4 年休権行使の効果~使用者の義務 …………………………………………… 303

1 使用者の義務 ……………………………………………………………………… 303

2 年休日の賃金額(労基法397項)…………………………………………… 304

第5 時季指定権と時季変更権 ……………………………………………………… 304

1 労働者の時季指定権(労基法395項)……………………………………… 304

2 使用者の時季変更権 ……………………………………………………………… 307

3 労使協定による計画年休(労基法396項)………………………………… 311

第6 年休の使途 ……………………………………………………………………… 313

1 使途の通知の要否 ………………………………………………………………… 313

2 争議目的の年休取得 ……………………………………………………………… 313

3 特定業務拒否目的の年休取得       ………………………………………………… 314

第7 未取得の年休の扱い …………………………………………………………… 315

1 年休の繰り越し …………………………………………………………………… 315

2 年休使用の順番 …………………………………………………………………… 315

3 年休の買い上げ …………………………………………………………………… 315

第8 年休取得と不利益取り扱いの禁止 …………………………………………… 316

第5章 家族的責任と労働時間  …………………………………………… 321

第1 育児介護休業法の意義と概要 ………………………………………………… 321

第2 育児と労働時間 ………………………………………………………………… 326

1 育児休業        ………………………………………………………………………… 326

2 短時間勤務制度 …………………………………………………………………… 342

3 子の看護のための休暇 …………………………………………………………… 343

4 労基法の育児時間 ………………………………………………………………… 344

5 所定外労働の免除 ………………………………………………………………… 344

6 時間外労働の制限 ………………………………………………………………… 346

7 深夜労働免除請求権 ……………………………………………………………… 347

8 労働者の配置に関する配慮 ……………………………………………………… 349

第3 介護と労働時間 ………………………………………………………………… 350

1 介護休業        ………………………………………………………………………… 350

2 短時間勤務等 ……………………………………………………………………… 354

3 介護休暇         ………………………………………………………………………… 356

Ⅴ 過労死の補償

第1章 過労死の補償 ……………………………………………………… 358

第1 過労死とは ……………………………………………………………………… 358

第2 過労死の補償 …………………………………………………………………… 358

1 脳・心臓疾患の認定基準 ………………………………………………………… 358

2 精神障害・自殺の判断指針 ……………………………………………………… 361

3 過労死・過労自殺認定判決 ……………………………………………………… 364

第2章 過労死事件の対処の仕方 ………………………………………… 367

第1 労災保険制度 …………………………………………………………………… 367

第2 適用される事業所・労働者 …………………………………………………… 368

第3 請求権者、事業主の証明 ……………………………………………………… 368

第4 請求書の提出先 ………………………………………………………………… 368

第5 給付基礎日額 …………………………………………………………………… 369

第6 時効 ……………………………………………………………………………… 370

第7 不服審査手続 …………………………………………………………………… 370

第8 労災保険の法定給付や民事上の損害賠償以外の請求 ……………………… 371

第9 解雇制限 ………………………………………………………………………… 371

第10 民事上の損害賠償請求 ……………………………………………………… 372

第11 生命保険 ……………………………………………………………………… 372

第12 使用者に提出を求める資料 ………………………………………………… 374

 

書式・資料編

  書式1      残業代請求訴訟の訴状 ……………………………………… 377

  書式2      証拠保全の申立書 …………………………………………… 378

  書式3      労基法違反申告書 …………………………………………… 380

  書式4      時間外労働(36協定のない場合)の告発状 …………… 381

  書式5      時間外労働・休日労働に関する協定届 …………………… 382

  書式6      育児休業申出書 ……………………………………………… 383

  書式7      介護休業申出書 ……………………………………………… 384

  書式8      育児のための所定外労働免除申出書  ……………………… 385

書式9      〔育児・介護〕のための時間外労働制限申出書  ………… 385

  書式10    〔育児・介護〕のための深夜業制限申出書 ……………… 386

   

  資料1      母性健康管理指導事項連絡カード ………………………… 387

  資料2      常時介護を必要とする判断基準 …………………………… 388

  資料3      「両立支援等助成金」の概要と支給額 …………………… 389       

  資料4-1  職場における心理的負荷評価表 …………………………… 391       

  資料4-2  職場以外の心理的負荷評価表 ……………………………… 392       

  資料5      労働者代表法案要綱骨子 …………………………………… 393       

 

判例索引 ………………………………………………………………………………… 395   


 

<略 語>

労基法 …… 労働基準法

労基則 …… 労働基準法施行規則

労組法 …… 労働組合法

育介法 …… 育児介護休業法

均等法 …… 男女雇用機会均等法

 

発基 …… 通常次官通達の名称でよばれるもので、労働基準局関係の通達

基発 …… 労働省労働基準局長名で発する通達

基収 …… 労働省労働基準局長が、疑義に答えて発する通達

 

労 判 …… 労働判例

労経速 …… 労働経済判例速報

労 旬 …… 労働法律旬報

判 時 …… 判例時報  

判 タ …… 判例タイムズ

民 集 …… 最高裁判所民事判例集

労民集 …… 労働関係民事裁判例集

「菅野」…… 菅野和夫・労働法第10版

 

<執筆者>

Ver.1 井上 幸夫          山内 一浩           小川 英郎           棗  一郎

鴨田 哲郎           野本 夏生           君和田 伸仁       堀  浩介

黒岩 容子           水野 英樹           佐久間 大輔       水口 洋介

圷 由美子

 

Ver.2   指宿 昭一           鴨田 哲郎           今泉 義竜           木下 徹郞

           梅田 和尊           君和田 伸仁       小川 英郎           佐々木 亮

           笠置 裕亮           新村 響子           金子 直樹           橋本 佳代子